第ゼロ乳幼児が産まれたまま木のおもちゃにはまり10万円以外使ってしまいましたが、お子さんはあまり遊んでくれませんでした

私には1歳と9歳のキッズがいるのですが、9歳のキッズが赤ん坊だった時代木の遊具にはまってしまいました。
私が欲しかった木の遊具はドイツなどの欧州のクリエイターが数多く、値段も結構高かっただ。
たとえばつまらない玉をスロープに壊す遊具は1万4千円ほどかかりましたし、積み木も2万近くするものを買ってしまいました。
第一キッズでしたし上達に良いと言われるとついつい欲しくなってしまい、たぶんトータルして10万円以上は木の遊具に使ってしまったと思います。
但し子どもの皆さんはあまり木の遊具に食いつかず、マックのサービスの遊具などのチープな遊具で良く遊んでいました。
よってこういう木の遊具たちは全くの私の趣味だったんだなと痛感しました。
だけど木の遊具はプラスティックの遊具と変わりあまり劣化しないので7歳離れた第二キッズにも利用することができていらっしゃる。
やはり木の遊具は時折遊ぶくらいのリズムですが、リビングに置いておいても内装の面倒にはならないしまぁ買ってよかったなと思っています。秒で理解する中国語教室